· 

すべてのことを諦めていた私が本当にやりたいことに出会えました(渡辺恵美さん)

「リターンスクールを受けてよかった!」

今の私は自信を持ってそう言えます。

 

私、2015年11月乳がんの告知を受けました。

お医者さんが淡々と言うから、

私も淡々と受け入れた記憶が。

 

けどそれは防衛本能により、

ショックとか悲しいといった感情を

無意識に感じないようにしたんだな・・・と今は思います。

 

そこから何も感じないふりをして毎日を過ごすようになりました

 

2ヶ月の入院生活を経て、退院!

退院した直後は、

「せっかく助けてもらった命、これから頑張ろう!」と

前向きに思っていました。

 

けど、日が経つにつれて

「再発したらどうしよう・・・」といった不安が大きくなってくる。

 

そうなると、

また全ての感情に蓋をして何も感じないふりをして過ごす。

 

退院してリターンスクールに出会うまで、約1年半。

この1年半の間の私は・・・

 

顔は笑っているけど心から笑えない。

いつ不安を抱いている。

ガンになってしまった自分を常に責める。

全てにおいてはじめからあきらめている

 

今思えば、とても優しい人達に囲まれていたのに、

毎日そんな感じで生きていました。

 

そんな時にひとり旅で沖縄へ行きました。

 

ひょんなことから楽読 沖縄安里スクールに行くことになり、

そこで後に私が受ける

リターンスクールのファシリテーターである

【みっちゃん】に出会います。

 

 その時は挨拶だけだったけど、

1ヶ月後にまた沖縄行きが決まっていたので、

後日ゆっくりとお話しをしました。

 

初めてみっちゃんの話を聞いた時の私の心境は、

「この人やばい・・・変な人に関わってしまった~」です(笑)

 

「えみちゃんは自分にマルをつけてる?」

 

??????

なに言ってんの??????

この人こわ~(-_-) ←心の声

 

はじめはこんな感じです。

そう思いながらも、私の話を丁寧に聴いてくれて、

いろんな話を聴くうちに

「今の私を変えられるチャンスかも」

という想いが湧き出てくるのを感じていました。

 

不安を抱え、常に自分を責めて、

何事もはじめからあきらめている私。

 

そんな私にもう疲れ果てて、

そして飽きていた時だったのかな。

 

その場でリターンスクールを申し込みました。

半年間、月1回、

福岡から沖縄にリターンスクールを受けに行くことを決めました。

 

はじめに問われた「自分にマルつけてる???」

 

この意味が今はとても分かります。

私にいちばん欠けていたのが、

自分にマルをつけてあげること。

 

言い換えれば、

自分という存在はスバラシイと認めてあげること。

 

これがないから、自分責めたり、

何事もはじめからあきらめてしまう。

 

と言っても、

自分にマルをつけることの大切さを実感できたのは、

リターンスクール4回目です。

 

遅っ!と感じるかもしれないけど、

これが私ペースでベストなタイミングだったと思うから、

4回目で気づいたことにマルをつけられる。

 

自分にマルをつけ続けることで、

私は自分を好きになれました。

 

以前はガンになった自分を責めていたけど、今は違う。

 

病気をしたからこそ得られたものって、

実はとてもたくさんある。

 

生かされた意味を自分なりに受け取って、

助けてもらった命を使う

そんな生き方が出来るようになりました。

 

そして、いちばんの変化は、

何事もはじめからあきらめてしまう私

「やりたい!」と感じたことを、始められたことです。

 

リターンスクール1回目で、

半年後の出発式にどうなっていたいか?

の問いに私は

 

本当にやりたいことを見つけて、

その世界に飛び込んでいく力を持ちたい。

 

と、答えています。

 

以前の私は「やりたいことは何?」と聞かれると、

今いる範囲(会社)で出来るやりたいことを答えていました。

 

やりたいことを聞かれているのに、

できることを答えているんですよね。

 

リターンスクールを進めていくと、

次第に自分の【肚の声】に気づけるようになります。

 

本当の私は何をやりたいのか?

この問いの答えが見つかると、

もう動きたくて仕方がない。

 

自分の肚の声に気づいた私は、

19年間働いていた会社を辞めて、

楽読・リターンスクールの世界に飛び込みました。

 

たくさんのことを学ぶために沖縄に移住し、

楽読インストラクター・リターンスクールファシリテーターとして

活動しました。

 

そして地元の兵庫県で

楽読・リターンスクールを広めたいと思っている自分に気づき、

沖縄から兵庫に帰ってきました。

 

この地で、やさしい世界を創っていきます。

こんな風に思えるのも、リターンスクールのおかげです。

 

今の私は、チャレンジを楽しみながら、

健康に感謝して、みんなに感謝して、

毎日を笑顔で過ごしています。

 

変わりたい・・・と思うなら、

毎日が変わるチャンスです。