講師(ファシリテーター)紹介

リターンスクールで、各クラスを進行するナビゲーター役を「ファシリテーター」と呼んでいます。

一般的には講師や先生という表現をすることが多いのかもしれませんが、リターンスクールは何かを教える場ではありません。ファシリテーターはカリキュラムのワークやセッションという場づくりを通じて、参加者全員のコミュニケーションのなかで、受講者が自ら考え、気づき、それぞれの答えを導き出していくことをサポートします。


佐藤政哉(さとうまさや 愛称:まさやん)

リターンスクールファシリテーター リターンプロトレーナー 

楽読インストラクター 楽読トレーナー

1980年4月18日申年生まれ、出身地は東京。20代ヨガ、気功指導者の経験を経て、30歳の時に楽読に出逢う。2011年3月に楽読渋谷スクールをマネージャーとして立ち上げ、2012年9月に独立し楽読神楽坂スクールをオープンする。その後、楽読スクールを軸に様々な事業を展開。2015年からはリターンスクールファシリテーターとして活動を開始。

2016年11月に楽読神楽坂スクール経営権をを友人に譲渡し、現在は日本唯一のリターンスクール専門家として、北海道、東京、名古屋、大阪、福岡、大分、鹿児島、沖縄、韓国と各地を飛び回りながら、お蔭様でリターンファシリテーターとして精力的に活動している。



石井真(いしいまこと)

リターンスクールファシリテーター

楽読インストラクター 楽読トレーナー

1982年千葉県生まれ カニ座 A型

楽読で鬱を克服する経験を通して、脳科学に興味を持ち脳のバランスを変える事で人が変化すると思い、2011年より楽読インストラクターとなる。そしてリターンスクールで自分の理想のライフスタイルを掘り下げ実践し、現在東京で嫁、息子の3人で暮らしながら、箱根にエコビレッジを開村して新しい生き方である「半都市半ビレッジ」の多居住拠点をしながら生活をしている。2014年よりリターンスクールファシリテーターとして活動。