リターンスクールとは


リターンスクールの正式名称は「リターントゥヒューマンスクール」、

「人が本来あるべき姿へ還る」という意味です。
「本当の自分に戻る」

「人が本来あるべき姿へ還る」ためのスクール。

 

 

 概念や常識にとらわれることなく

本当の自分を感じるためのスクールです。

 

 

では本当の自分、本来あるべき姿とは、一体どういうことなのか。

そう思われる方も多いのではないでしょうか。

 

 

世の中には一般的な常識や概念が沢山存在します

 

 

例えば、女だから、男だからこうあるべきという概念。

お母さんだから、嫁だからこうしなくちゃいけない、

こうでなければいけないという見えない枠。

 

 

子供だから出来ない、歳だから出来ない。
お金がないから出来ないなど。

 

 

言い出せばきりがないほどの常識や概念。

それは一体誰が作り出したものなのでしょうか

 

 

本当に守らなければいけない、

従わなければいけないことなのでしょうか。

 

 

特に日本では、小さな頃から同じ方向を向き、

同じ行動をする事を良しとされ育っています。

 

 

別行動を取ろうとしたり、

先生に従わない子供はだめな子。

そういうレッテルを貼られてしまう世の中。

 

 

そのことに誰も疑問を持たない。

誰も異を唱えようとしない。

疑問を抱いていたとしても口に出して言わない。

 

 

だって、これが当たり前だから。

 

 

でも、考えてみて下さい。

当たり前って何なのでしょうか

 

 

ひとりひとり個性があり、別の人格なのです。

 

 

女性でも、男性でも、子供でも、大人でも、

それぞれ考え方も違えば、

出来ること、やりたいことも違う。

 

 

ひとりひとり違って当然ではないでしょうか。

 

 

育った環境や今置かれている立場。そこから

制限を作り、勝手なルールを作り出しているのは他でもない、

 自分自身なのです。

 

 

その事に気付くか気付かないか。

それがとても大事なのです。

 

 

他の誰でもない自分が作り出している勝手なルールなのだということを。

 

リターンスクールで感じられる変化


こちらの動画はリターンスクールを出発されたMさんが作ったお絵かき動画です。

自分に自身がなかったMさんがどう変わっていったのか。

ぜひ御覧ください。

リターンスクールがスタートしたのは2011年4月。

総勢約740名の方がリターンスクールを出発され、

それぞれ変化を感じていらっしゃいます。

 

 

全国にファシリテーターが約89名。

現在開講中のリターンスクールは全国で44クラス。

今もどんどん増え続けています。

 

 

新たな時代、外側に答えを求める生き方から、

内側に在る本当の答えを人生の主軸とする生き方へ。

 

 

自分と繋がり、自分らしく生きられる世界へ。

自分の人生は自分で舵を取る。

そんな人生を生きるきっかけになれば幸いです。

 

 

※統計は2020年7月現在のものです